血圧リーダー
血液学

 

生活習慣病

バスソルトと石鹸
心臓の血管系

高血圧・ 高コレステロール

は、生活習慣病と言われ、運動不足や食生活の変化から、

多くの方が掛かりやすい病気と言われています。

家族歴や塩分摂取、ストレスなどが危険因子として指摘されています。

 

早い段階では食生活の改善、

合併症のリスクがある状態ではお薬でのご対応など、

その方々にあった対応が必要です。

 

当院では糖尿病と合わせて生活習慣病への治療に力を入れていますので、

健康診断で異常を指摘された場合、偶然血圧を測ったら高かったなど

​初めての方も遠慮せずご相談下さい。

​高血圧

高血圧は無症状のまま合併症を起こす場合があります。

高血圧を放っておくと心臓に負担がかかったり、

血管が耐えきれず動脈硬化を発症したり、

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、心不全のリスクになります。

症状が出る時は手遅れとなっていることが少なくありません。

 

 当院は食事療法、運動療法を初めとし、

必要な方には負担の少ない薬を必要最小限の処方をしております。

無理のない治療でその方にあった治療方法を見つけていく必要があります。

​悪玉コレステロール

コレステロールは血液のいわゆる油脂成分の割合と言われています。

特に悪玉コレステロールは心臓病や脳梗塞との関連が指摘されており、

家族歴、生活歴がある方は特に適切な値ににしておく必要があります。

​病状が進行する事で血栓ができ始めてしまった後では

治療は遅れてしまうことがあります。

コレステロールは早期発見、早期治療が大事です。

コレステロールは血液検査以外での測定方法が少なく、

定期的な血液検査を受けるようお願い致します。

 

​最後に

人間は様々な病気と直面して生きています。

高血圧もコレステロールも治療の最終目標は、

少しでも健康で豊かな人生を送っていただくことだと考えています。

絶対に正しいという治療はありませんが、

専門医として、可能な治療のご提案を努め、

患者様と一緒に病気の治療に取り組んで参りたいと思います。